充填

充填部門

充填

新しい設備を積極的に導入し、生産設備の充実を図りながら、お客様のニーズに合った商品の多様化・多品種化に迅速に対応すると共に、常に生産ラインの合理化・効率化を追求し、低コストを実現しています。
また、社会問題となるゴミの減量化に進んで取り組み、人に優しく、環境にも優しい商品づくりを目指しています。

充填では、環境に優しい紙パックの自動充填機をはじめ、チューブ自動充填機、ボトル自動充填機を導入し自動充填による大量生産が可能です。

また人手による充填作業も行っており、多品種小ロット生産にも対応しています。
作業者は、充填作業標準に基づいて、品質の安定化を維持し、心のこもった商品を日々生産しています。